加圧トレーニングの仕組みや効果について書きました

加圧トレーニングをご存知ですか?
加圧トレーニングが少ない負荷で大きなトレーニング効果を得られれるトレーニング方法です。

プロのアスリートも取り入れている今注目されているトレーニング方法なんです!

その加圧トレーニングは名前は聞いたことがありけど、効果や仕組みまではよく知らない、全くわからないという方は少なくありません。

このサイトは、加圧トレーニングについて解説します。

加圧トレーニングとは?その効果は?

加圧トレーニングという言葉は知っているけどその効果がどのようなものかよくわからないという人は多いです。

加圧トレーニングとは専用のバンドで体を締め付けて、血流を制限してトレーニングを行うものです。
加圧トレーニングのジムで専門のトレーナーのもとでトレーニングを行います。

血流制限とは血液の流れを制限することで、様々な効果が出ます。

加圧トレーニングで得られる効果はこちらです。

・筋力アップ
・ダイエット効果
・若返り・美肌
・血行促進
・回復力アップ

一つずつみていきましょう!

筋力アップ

トレーニングをするということは筋肉をつけたいですよね。
安心してくださいもちろん加圧トレーニングで筋力アップできます。

加圧トレーニングは少ない負荷で大きな効果が得られます。
なので、トレーニングを続けることができて怪我もしにくいです。

比較的に誰でも実践できるものなので、筋力アップに効率がいいんですね。

ダイエット効果

加圧トレーニングを行うと成長ホルモンを分泌を増大させます。
この成長ホルモンの分泌が増大することで、脂肪が燃焼されやすくなります。

これにより、痩せやすい体になるのでダイエットに効果的ということになります。

若返りや美肌効果

加圧トレーニングを行うことで、成長ホルモンが多く分泌されます。
これは通常の約290倍ほどです。
このような数値が研究結果で出ています。

成長ホルモンが分泌ダレることで肌のハリやつやをよくしてくれます。
なので、若返りや美肌効果があるというわけです。

血行促進

加圧トレーニングで加圧し、終了することで降圧されます。
この加圧と降圧を繰り返すことで、血管に弾力がつきます。

血管に弾力がつくということは血管が若返る意味でもあります。

 

血管に弾力がつくことで血行が良くなります。
華光が良くなると酸素化された血液が末梢までいきやすくなるので、栄養を隅々まで届けることができます。
肩こりの改善にもつながり、健康にもいい傾向があります。

回復量が上がる

加圧トレーニングを行うと、骨折や肉離れなど怪我の回復が早くなるというデータがあります。

これは加圧トレーニングを行うことで増大する成長ホルモンによる効果だと言われています。
なので、怪我しにくい体になり怪我をしても治りやすいということですね。

このように加圧トレーニングは色々な効果が期待できるため、筋トレやダイエットなど体を鍛える上では非常に有効的。しかし、これを自宅でやろうすれば難しいです。その場合は流行の加圧シャツが良いでしょう。選び方がわからない人は加圧シャツの人気ランキングが載っているサイトもありますね。

加圧を上手く活用すれば効果的な鍛え方ができるのは事実です。

 

加圧トレーニングのメリット

加圧トレーニングを行うことでの効果がわかったところで、さらにメリットについて解説します。
メリットを知ってから加圧トレーニングを行うか検討してみてはいかがでしょうか。

短時間で行える

加圧トレーニングは、最短で30分で行えます。

加圧トレーニングは上肢のトレーニングの時間が10分で、下肢のトレーニングが15分です。
この合計25分のトレーニングでも大きなトレーニング効果を得ることができます。

短時間で効果がでる理由は、加圧ベルトで締め付けて静脈の血流を制限することで血中の乳酸素濃度が上昇して成長ホルモンが最大役290倍分泌します。

成長ホルモン以外にもアナボリックホルモンやアドレナリンの分泌が盛んになります。

成長ホルモンは筋肉と骨の成長を促し、粗暴を遊離脂肪酸に分解して血中に放出します。
アドボリックホルモンは筋肉を作るための指令をするホルモンです。

このホルモンが分泌することで短い時間でも大きな効果を得ることができます。

 

低負荷だから楽に行える

筋肉の肥大化は通常では高重量なものを適切な回数持ち上げることで行うことです
これが一般的であり、必須条件とも言えます。
しかしながら、加圧トレーニングはこの常識を壊しました。

 

加圧トレーニングが通常とは違うメカニズムで行うので、低負荷でも大きおな効果を得ることができます。
なので、持ち上げの回数も少なくてすみます。
これでも大きな筋力アップの期待が持てるんですね!

通常のトレーニングは辛くてなかなか続かないという人も、加圧トレーニングなら続けることができるという人も多いです。

体力がなくてもトレーニングが可能

加圧トレーニングは先ほど解説下通り、低負荷で大きな効果をえることができます。
少ない動きしか必要としないので体力がなくても行うことができます。

通常のウエイトトレーニングだと、筋力のない人はフォームの安定に苦労したり、かなりの体力を消耗してしまいますね。

 

加圧トレーニングの特徴である低負荷と短時間という特性が、高齢者や機能的障害を持っている方でも行うことができるので、幅広い層の方に筋力アップのトレーニングが行えるようになります。

加圧トレーニングのデメリット

加圧トレーニングのデメリットについて解説します。
先にデメリットを知っておくことであとで後悔することは少なくなります。

負荷の選択が難しい

加圧トレーニングの当初の目標は筋力アップと肥大化です。
トレーニングメニューの選択を間違えると基礎代謝量と関係の薄い筋繊維の肥大化が起こりやすくなります。

女性の場合はこれによりボディメイクが難しくなります。

なので加圧トレーニング指導の経験の浅いトレーナーは強度の選択に注意しなくてはなりません。

自分では行わない方がいい理由はこれがあります。

血流の制限は注意が必要

加圧トレーニングは血流を制限して行うトレーニングです。
この血流の制限には細心の注意が必要になります。

特に血流量が少なく、ミルキングアクションが弱い方は貧血状態が出る場合があります。

低強度の加圧トレーニングから少しずつ行なっていけば貧血状態を出にくくします。

なので、加圧トレーニングは専用のジムでトレーナーの監視下のもとで行なった方がいいです。

まとめ

加圧トレーニングは低負荷で短時間で大きな効果を得ることができるトレーニング方法です。
メリットとデメリットを理解して挑戦してみてはいかがでしょうか。